カテゴリー別アーカイブ: 学習

眠気対策は原因を知るところから

眠気が起こる原の一つに、刺激が減る事があります。人の本能とは、外敵から身を守る事を第一優先として生理反応を起こす事があります。刺激が無いと言う事は安全だと言う認識が潜在的に高まり、ついウトウトと眠りに入って行く事もあります。この眠気対策の有効な手段として市販されているのが、刺激を与えるガムです。ただし、このガムを噛めば眠気が一瞬で無くなる訳では無く、体にムチを打つ様な場合もあります。

人の睡眠と言うのは、普段の習慣が学習され、そのリズムに基づいて眠気が訪れます。普段の生活とは、昼は外で活動し夜は家で過ごすから安全だと言う事を体は学習しているのです。その時間帯に合わせて生理反応を引き起こせば、眠ってしまっても安全を確保できる事も体が学んでいます。眠気対策もせずに夜間起きてしまえば、理性と眠りを誘う本能の対立が高まり、これが眠気との戦いになってしまう事もあります。眠気対策としては、日中はできるだけ刺激を避け、15分でも構わないので仮眠を多く取る事がポイントになります。一般的に夜睡眠に入る場合は、体をリラックスさせる副交換神経が優位になり、昼間は活動するための交感神経が優位になります。つまり、昼間に副交感神経を活発化させておく事によって、夜間は活動のための交感神経を優位に働かせる狙いを作る物です。最も夜間で辛くなる時間帯と言うのは、深夜の1時から3時までの間になります。午後の時間帯で言えば、最も活動をしている時間帯になります。深夜のこの時間帯は体を動かしたり、カフェインの入った温かい紅茶などを飲む事もポイントになります。一般的に睡眠時は体温が下がる傾向にあり、温かい飲み物は、体を温め活動状態にする可能性を高めてくれます。