無理にリズムを変えないこと

不況の世の中で、出来るだけ効率よくお金を稼ぎたいと思う人は少なくないと思います。特にそのような人が選びやすいアルバイトと言えば、夜間の時給の良いアルバイトであったりしますよね。しかし、夜間は本来私たち人間が体を休めるために睡眠に就くための時間ですので、その時間起き続けて労働するというのはそれなりに体は辛いですし、何より眠いですよね。仕事を効率良くこなす為には、夜間のアルバイトの時にはしっかり眠気対策をとる必要があります。

当たり前ですが、人はある程度睡眠をとらなければ命の危険にさらされます。眠気対策をとったからと睡眠時間を削減することのないことを前提に、働いていない朝から夜にかけてしっかり睡眠をとることを原則として紹介させていただきます。まず人間の体は太陽の光を浴びることで自律神経が切り替わり日中活動出来るようになっているので、どんなに日中に睡眠をとったからといって夜中に眠気がこないということはありません。そのため、自律神経のリズムを変えようとすると体に不調が現れたり病気の原因にもなるので止めてください。最近では眠気覚まし用のグッズや飲料などが多数存在していますので、それらを活用して体に刺激を与えて眠気を散らすのが好ましいでしょう。眠気覚ましに有効とされているカフェインが含まれているものであったり、ミントなどの清涼感のあるハーブ系が効果があるとされています。ハーブの種類によっては、逆にリラックス効果で眠気が出てしまうものもあるので気を付けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

睡眠欲ってけっこう強敵です